'."\n";?> 妊娠する仕組みについて

妊娠する仕組みについて

妊娠する仕組みについて

妊娠する仕組みについて

赤ちゃんの性別は精子と卵子が受精したその瞬間に決まります。

 

つまり、妊娠した時点でどちらの性別の子が決まってしまうと言うのですから、まず、妊娠がどうやって成立するか、過去に保健の授業で聞いたことがあるかもしれませんが、一度説明しましょう。

 

 

妊娠は精子と卵子が受精して成立するのです。

 

男性の持つ精子は毎日生産されるので何時でもタイミングを合わせられますが、女性の持つ卵子は28日から30日に1度、排卵日にだけ排卵が起こり、その時が受精可能になります。

 

受精可能期間に受精が成立した受精卵は、卵管から受精卵が移動して子宮に到着して約1週間ほどで子宮内膜に無事着床することができたら妊娠成立となるのです。

 

排卵日さえ予測出来れば妊娠は可能かというと、排卵日に受精してもすべての受精卵が着床するわけではありません。

 

 

おまけに排卵日を予測してから産み分け作業をするのですから、妊娠の確率としては難しいことなのですよ。

 

まず、妊娠するための排卵日の予測や、妊娠できる環境の中での産み分け作業を女性だけではなく男性もまた、周りの家族も理解して協力していきましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ