'."\n";?> 夫婦で守って欲しいこと

夫婦で守って欲しいこと

夫婦で守って欲しいこと

夫婦で守って欲しいこと

まず、子供を授かるには夫婦の協力なくては、産み分けはおろか妊娠も成立しないのです。

 

そこで、産み分けについて夫婦で守って欲しいことがあります。

 

□産み分けは1人で出来るものではないので2人での協力が必要です。

 

□産み分けは成功率100%ではないので、希望性別が生まれなかった場合も愛情と責任を持って育てていきましょう。

 

□女性が妊娠できる環境や体であること

 

 

出産直後は体がまだ完全に健康体に戻っていないので2人目、3人目を希望する時は少し体を休める必要があります。

 

また、妊娠後に流産や死産になった場合も、すぐに次の子を授かりたいという気持ちもあるかもしれませんが、精神的にも身体的にもダメージが大きいので回復してからの妊娠が望まれます。

 

産み分けをすると限られたチャンスでの妊娠となるので妊娠できる機会が通常よりも減ってしまうのです。

 

そこで、不妊に悩んでいるのであれば、先に不妊治療を行って下さい。

 

不妊治療をして妊娠可能の状態になってからの産み分けになります。

 

また、リスクの高い高齢出産や初めての妊娠は、産婦人科では産み分けの受け入れをしていない場合もありますので注意して下さい。

 

 

最後に、夫婦がお互い納得した上で産み分けを行いましょう。

 

1人が納得していない場合、産み分け作業の中で亀裂が生じる可能性もあるので夫婦2人が納得してから行いましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ