'."\n";?> 性別の決まり方

性別の決まり方

性別の決まり方

性別の決まり方

産み分け方法を知る前に産み分けの仕組み、つまりどうやって性別が決まるかを説明します。

 

 

精子にはY精子とX精子の2種類の精子が存在します。

 

そして、卵子にはXという遺伝子を持っています。

 

受精することでXYかXXの遺伝子になります。

 

XYは男の子となり、XXは女の子になります。

 

そこで、受精した瞬間に男の子か女の子かの性別が決まってしまうのです。

 

Y精子はアルカリ性に強く、酸性には弱い性質があります。

 

女性の膣内は酸性で子宮に行くとアルカリ性になります。

 

しかし、排卵日前は膣内の酸性が子宮頚管からのアルカリ性によって弱まりY精子が活発に動くことが出来ます。

 

Y精子の寿命は1日なので、排卵日に受精することで男の子が生まれやすくなります。

 

また、X精子は、酸性にも強く、寿命も3日程度有ります。

 

そこで、排卵日前に精子を子宮内に留めることで、1日の寿命によってY精子がなくなり排卵日にはX精子が受精して女の子が生まれやすくなるでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ