'."\n";?> 女の子を産むには

女の子を産むには

女の子を産むには

女の子を産むには

女の子が生まれるには、女の子の元になるX精子の特徴と男の子の元になるY精子の特徴を知り、それに合わせて女の子の産み分けしてみましょう。

 

まず、女の子になるX精子の特徴は、酸性に強く寿命も3日ほどあります。

 

一方男の子になるY精子は酸性に弱く、寿命が1日、しかしX精子の2倍あり、動きが速いです。

 

そこで、女の子を産むには男の子のY精子が弱くなれば、生まれやすい環境になります。

 

女性の膣内が酸性なので排卵日ではなく、通常時のセックスではY精子は弱まり、子宮まで届く精子が少なくなります。

 

しかし、子宮に行くとアルカリ性となるため、排卵日にはアルカリ成分も分泌され膣内も中和されることもありY精子の動きは活発になってしまいます。

 

女の子のX精子は寿命が3日あり、酸性に強いという特徴を使って、排卵日2.3日前に女性の膣内に精子が入っていれば、排卵日にはY精子よりもX精子が受精しやすくなるのです。

 

この方法がうまくいけば、女の子が生まれやすくなります。

 

産院では女の子を産むには男の子より多少難しいところが有るので、女の子限定で産むと、妊娠すること自体が多少難しくなります。

 

しかしあくまでも生まれる確率は約50%なので、子供を作ることを目的として、女の子がほしいことは、希望として考えれば妊娠は難しくないでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ